コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイアン(海岸)山脈 ハイアンさんみゃくHaian shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイアン(海岸)山脈
ハイアンさんみゃく
Haian shanmai

タイワン(台湾)東部にある南北方向の山脈。タイトン(台東)山脈とも呼ばれる。長さ約 150km,最大幅 9km。最高峰はシンカン(新港)山で,標高 1682m。東側は直接太平洋に臨み,西側はタイトン(台東)平原に面する。北をかぎるホワリエン(花蓮)渓の下流にホワリエン(花蓮)市,南をかぎるペイナン(卑南)渓の下流にタイトン(台東)市が立地する。中央にシウクーロワン(秀姑巒)渓が横谷を刻む。新第三紀の水成岩(→堆積岩)を基盤とし,それに安山岩凝灰岩集塊岩が混入している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android