コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台東 タイトウ

5件 の用語解説(台東の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいとう【台東】[東京都の区]

東京都の区名。昭和22年(1947)浅草・下谷(したや)の両区が合併。上野の高台の東の意から命名。商工業が盛ん。人口17.6万(2010)。

たいとう【台東】[台湾の都市]

台湾南東部にある県。漢民族以外の少数民族が多い。池上郷では上質の米を産する。またサトウキビ栽培も盛んで、製糖業の中心地。タイトン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

台東【たいとう】

台湾南東部の県名,市名。台東市は台東地溝帯の南端に当たり,東に太平洋,西に中央山脈に面する。1855年東岸で最も早く開かれた港。清朝政府と日本統治下で台湾東部開発の拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいとう【台東】

〔「上野の台地の東側」の意〕 東京都二三区の一。旧下谷区・浅草区の二区を合わせた下町の商業地域。問屋街と家内工業が発達する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台東
たいとう / タイトン

台湾南東部の県。屏東(へいとう)の東70キロメートル、卑南渓(ひなんけい)の河口付近に位置する。人口24万5312(2000)。旧称卑南。先住民族卑南王支配の地で、近年出土した卑南文化遺跡が注目を集めている。清(しん)末の1887年台東直隷州が置かれ、日本統治時代に台東庁と改められ、1945年台東県となった。東部鉄道の起点で、北廻(ほくかい)鉄道が開通してから花蓮(かれん)を経て台北に連結する。南回りは自動車道路で楓港(ふうこう)に出て省西部に通じる。北西部に台東空港、南西部に子崙(かんしろん)、知本(ちほん)両温泉がある。山に囲まれ傾斜地作物が多く、主としてサトウキビ、サツマイモ、パイナップル、茶を産し、とくに製糖業が発達している。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

台東の関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台東の関連情報