台東(読み)タイトウ

デジタル大辞泉の解説

たいとう【台東】[東京都の区]

東京都の区名。昭和22年(1947)浅草下谷(したや)の両区が合併上野高台の東の意から命名商工業が盛ん。人口17.6万(2010)。

たいとう【台東】[台湾の都市]

台湾南東部にある県。漢民族以外の少数民族が多い。池上郷では上質の米を産する。またサトウキビ栽培も盛んで、製糖業中心地タイトン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

台東【たいとう】

台湾南東部の県名,市名。台東市は台東地溝帯の南端に当たり,東に太平洋,西に中央山脈に面する。1855年東岸で最も早く開かれた港。清朝政府と日本統治下で台湾東部開発の拠点となった。台湾東部糖業の中心。西部とは楓港道路によって連絡し,北部とは花蓮まで鉄道が通じる。蘭嶼島や緑島などの離島への中継点で,アミ族,ピュマ族,ルカイ族,パイワン族,ヤミ族などの台湾先住民が人口の約半数を占めている。南の知本渓谷沿いに,東南部随一の知本温泉郷がある。人口22万4821人(2013)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいとう【台東】

〔「上野の台地の東側」の意〕 東京都二三区の一。旧下谷区・浅草区の二区を合わせた下町の商業地域。問屋街と家内工業が発達する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台東
たいとう / タイトン

台湾南東部の県。屏東(へいとう)の東70キロメートル、卑南渓(ひなんけい)の河口付近に位置する。人口24万5312(2000)。旧称卑南。先住民族卑南王支配の地で、近年出土した卑南文化遺跡が注目を集めている。清(しん)末の1887年台東直隷州が置かれ、日本統治時代に台東庁と改められ、1945年台東県となった。東部鉄道の起点で、北廻(ほくかい)鉄道が開通してから花蓮(かれん)を経て台北に連結する。南回りは自動車道路で楓港(ふうこう)に出て省西部に通じる。北西部に台東空港、南西部に子崙(かんしろん)、知本(ちほん)両温泉がある。山に囲まれ傾斜地作物が多く、主としてサトウキビ、サツマイモ、パイナップル、茶を産し、とくに製糖業が発達している。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいとう【台東】

[一] (上野台地およびその東側の地域を占めるところから名づけられた) 東京都二三区の一つ。昭和二二年(一九四七)下谷区と浅草区とが合併して成立。西部の上野台地に上野公園があり、その東側に上野駅がある。東端を隅田川が流れ、その西側に浅草寺がある。商店、住宅が密集する下町の代表的地域。
[二] 台湾東南部の地名。一八五五年に漢民族が移住して以来、東岸で最初に開かれた港。製糖業が行なわれる。タイトン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台東の関連情報