コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台東 タイトウ

5件 の用語解説(台東の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいとう【台東】[東京都の区]

東京都の区名。昭和22年(1947)浅草・下谷(したや)の両区が合併。上野の高台の東の意から命名。商工業が盛ん。人口17.6万(2010)。

たいとう【台東】[台湾の都市]

台湾南東部にある県。漢民族以外の少数民族が多い。池上郷では上質の米を産する。またサトウキビ栽培も盛んで、製糖業の中心地。タイトン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

台東【たいとう】

台湾南東部の県名,市名。台東市は台東地溝帯の南端に当たり,東に太平洋,西に中央山脈に面する。1855年東岸で最も早く開かれた港。清朝政府と日本統治下で台湾東部開発の拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいとう【台東】

〔「上野の台地の東側」の意〕 東京都二三区の一。旧下谷区・浅草区の二区を合わせた下町の商業地域。問屋街と家内工業が発達する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台東
たいとう / タイトン

台湾南東部の県。屏東(へいとう)の東70キロメートル、卑南渓(ひなんけい)の河口付近に位置する。人口24万5312(2000)。旧称卑南。先住民族卑南王支配の地で、近年出土した卑南文化遺跡が注目を集めている。清(しん)末の1887年台東直隷州が置かれ、日本統治時代に台東庁と改められ、1945年台東県となった。東部鉄道の起点で、北廻(ほくかい)鉄道が開通してから花蓮(かれん)を経て台北に連結する。南回りは自動車道路で楓港(ふうこう)に出て省西部に通じる。北西部に台東空港、南西部に子崙(かんしろん)、知本(ちほん)両温泉がある。山に囲まれ傾斜地作物が多く、主としてサトウキビ、サツマイモ、パイナップル、茶を産し、とくに製糖業が発達している。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台東の関連キーワード今戸台東区鳩ヶ谷宮崎茨城嘉義彰化青葉台東急スクエア台東くん火焼島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台東の関連情報