ハイパーリンク

  • Hyperlink

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

テキスト内に埋め込まれた、ほかのファイルや位置への参照情報。通常は、単にリンクという。テキストだけでなく、画像や音声などのファイルへのリンクを文書に埋め込んで、ほかの文書を参照できるシステムをハイパーテキストという。ハイパーリンクは、こうしたハイパーテキスト用のリンク情報のことで、オフィス文書やPDF、Webページに埋め込める。Web上のコンテンツを参照する場合は、URLを使ってデータの場所や取得方法を表記する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

DBM用語辞典の解説

同じページの別の場所や、他のページ、あるいは、まったく別のサイトへ移動できるように、ウェブ上の文字や画像をクリックしてリンクできるようにしたもの。これが、オンライン・コミニュケーションの唯一の最も強力で重要な機能である。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ホームページ制作用語集の解説

指定範囲の文書が関連づけられたリンク先にジャンプするようになっている仕組み。ハイパーリンク機能を持つ文書のことをハイパーテキストと呼ぶ。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

コンピューターを利用する文書において、文書中に組み込んだ別の文書やファイルを参照するための情報。また、参照先の「所在地」。インターネット上の標準的な情報提供システムであるWWW(ワールドワイドウェブ)においては、URLがこの参照情報に相当する。◇略して「リンク」ともいう。ハイパーリンクを用いて複数の文書が相互に結びついたシステムを「ハイパーテキスト」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android