コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブリッド・エンジン ハイブリッドエンジンhybrid engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイブリッド・エンジン
ハイブリッドエンジン
hybrid engine

エンジンの起動・停止に伴うエネルギーの損失を少なくするため,エンジンの出力を発電機につなぎ,発電した電力をバッテリーに蓄えておき,必要に応じてモータを回す方式。ハイブリッドとは複数のものを組み合わせて使用することをいう (→ハイブリッドシステム ) 。エンジンを一定条件で回転させることができるので燃費効率が向上するうえ,有害な窒素酸化物などの排出量も低減できる。 1991年に東京都がディーゼル・エンジンと発動機兼モータを搭載したハイブリッド・バスの運行を開始したのに続き,川崎,京都,大阪,神戸,奈良なども採用を決定した。 1997年にはトヨタ自動車がハイブリッド・エンジンを搭載した世界初の量産車を発売した。 (→ハイブリッド車 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハイブリッド・エンジンの関連キーワードシビックハイブリッドクリーンエンジンプジョー3008BMW7シリーズエスカレードアウディQ7BMW X6遊星歯車装置アルファードエラントラクルーガートゥアレグインサイトエスティマハリアーカイエンフィットラクロスホトルソナタ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイブリッド・エンジンの関連情報