コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブリドーマ hybridoma

翻訳|hybridoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイブリドーマ
hybridoma

種類の異なる2つの細胞を融合して作る雑種細胞。狭義には抗体を産生するB細胞と人工的に培養可能な骨髄腫 (しゅ) 細胞を融合させて作った雑種細胞のことをいう。 1975年 C.ミルシュタインは G.ケーラーとともにマウスの脾臓から採取したB細胞とマウスの骨髄腫細胞 (ミエローマ) を融合し,単一の抗体を産生しつつ増殖し続けるハイブリドーマを作成した。産生される抗体は単一な抗体産生細胞が作り出す抗体のコピーであるため,「モノクローナル抗体」と呼ばれる。モノクローナル抗体は人工的に大量に生産することができるため,世界中で同一の抗体を用いて免疫学的研究,応用を行なうことが可能となった。ハイブリドーマを作成する方法 (細胞融合法) としては,主にポリエチレングリコールを用いる方法が用いられてきたが,近年高電圧パルス印加による電気融合法が確立され,次第に普及しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ハイブリドーマ

 融合雑種腫瘍細胞ともいう.ミエローマ細胞と他の細胞を融合させた細胞.抗体を作るB細胞とのハイブリッド形成によりモノクローナル抗体を作る手法もハイブリドーマを用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハイブリドーマ【hybridoma】

二種類の細胞を融合させて作った雑種細胞でおのおのの機能をもちながら増殖可能となったもの。骨髄腫と B リンパ球とによるものがその代表。抗体を産生しつつ増殖するので、モノクローナル抗体が多量に得られ、研究や臨床に広く応用されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のハイブリドーマの言及

【培養】より

…癌研究やウイルス学に加えて,他の研究分野も細胞培養法に負うところが大である。培養細胞を用いた細胞融合は,遺伝的組成の異なる核の融合による雑種細胞hybrid cellの形成を可能にし,ヒトを含めた高等動物の遺伝子発現機構の解析,染色体地図の作製,ハイブリドーマhybridomaの作製など,体細胞遺伝学や細胞工学の発展の基盤となり,それを利用したモノクローナル抗体の産生や細胞表面レセプターの解析,細胞分化や細胞間相互作用の解析などが可能になり,免疫学や発生学の研究に大きく寄与している。そのほか,医療や産業の面でも,羊水から採集した細胞の培養による染色体解析から,胎児の遺伝的異常を予知することが可能であり,ウイルス感染も宿主細胞の単層細胞培養により,量的または質的に検定される。…

※「ハイブリドーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイブリドーマの関連キーワードリンパ球

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android