コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイポ hypo

翻訳|hypo

百科事典マイペディアの解説

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ハイポ【hypo】

チオ硫酸ナトリウムの通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイポ

チオ硫酸ナトリウム」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイポ
はいぽ
hypo

チオ硫酸ナトリウム五水和物の俗称。古くこの化合物を次亜硫酸ナトリウムsodium hyposulfiteと誤称したが、それを略してハイポというようになった。とくに写真の定着液に五水和物結晶Na2S2O35H2Oが普通に用いられるのでこれをハイポということが多い。還元性があり、解毒剤としても広く用いられる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハイポの言及

【チオ硫酸ナトリウム】より

…化学式Na2S2O3。市販品Na2S2O3・5H2Oは俗に誤って次亜硫酸ソーダsodium hyposulfite,略してハイポhypoと呼ばれているが,これは形式上の1水和物Na2S2O3・H2Oを次亜硫酸水素ナトリウム(正しくはスルホキシル酸水素ナトリウム)NaHSO2とみなした誤解に由来する名称で,亜二チオン酸ナトリウムNa2S2O4(いわゆる次亜硫酸ナトリウム)と混同されやすく,正しい名称ではない。
[性質]
 5水和物は無色単斜晶系柱状晶。…

※「ハイポ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイポの関連キーワードオースチンA50ケンブリッジサルーンB131型ニトロクロロベンゼン中毒エイドリアン ウィルソンウーハイ(烏海)特別市ストリンゴセファラス越後あじわいポークローポリティックスサイクロイド歯車ダゲレオタイプハイポイド歯車ハイポエステスサブ噴出性岩脈サブ貫入性岩脈パイロマグマ食違い軸歯車エピ分化作用サイクロイドハイポキシア銅化合物中毒モーフォシス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android