コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイムゼート Heimsoeth, Heinz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイムゼート
Heimsoeth, Heinz

[生]1886.8.12. ケルン
[没]1975.9.10. ケルン
ドイツの哲学者,哲学史家。 1921年マールブルク,22年ケーニヒスベルク,31年ケルンの各大学教授。存在論的立場から哲学史研究を試みている。主著『ヨーロッパ形而上学の6つのテーマ』 Die sechs grossen Themen der abendländischen Metaphysik (1921) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイムゼート
はいむぜーと
Heinz Heimsoeth
(1886―1975)

ドイツの哲学者。マールブルク大学ケーニヒスベルク大学(現、イマヌエル・カント・バルト連邦大学)、ケルン大学教授を歴任。新カント学派中の西南ドイツ学派のウィンデルバントから、哲学の諸問題そのものの内面的発展を追う問題史的な哲学史の手法を深く学び、西欧形而上(けいじじょう)学の展開のいくつかの基本線を浮かび上がらせる優れた研究を残した。カント研究者としても一家をなし、早くからカント哲学の形而上学的側面に光をあてた。[坂部 恵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ハイムゼート

生年月日:1886年8月12日
ドイツの哲学者,哲学史家
1975年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ハイムゼートの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android