コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイル・アッディーン Khayr al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

ハイル・アッディーン【Khayr al‐Dīn】

1820‐90
チュニジアの近代的改革の推進者。マムルーク(奴隷軍人)出身の官僚で,フサイン朝のベイに登用され,1857年から64年にかけての近代的改革で大きな役割を果たした。73年以降宰相として国政の実権を握り,外債償還のための税制改革,法制や学制の改革などの近代化政策を進めたが,こうした上からの改革が国民の負担を強め,77年には守旧派の台頭により失脚,改革も挫折した。【宮治 一雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハイル・アッディーンの関連キーワードアンペール阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイマッカーティー吉雄常三嘉慶帝ジョージ[3世]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android