コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウトマン ハウトマン Houtman, Cornelis de

2件 の用語解説(ハウトマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウトマン
ハウトマン
Houtman, Cornelis de

[生]1560. ハウダ
[没]1599.9.1. アチェ
オランダの探検家,商人。ポルトガル滞在中,東インド航路の海図を盗んだ容疑で投獄され,釈放後帰国し,オランダ商人の援助で 1595年東インド探検に出発。翌年ジャワ島北岸に到着,ポルトガルのインド航路独占を打破し,植民地貿易の端緒をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハウトマン【Cornelis de Houtman】

1565?‐99
オランダの航海家。1595年4月,〈遠方会社〉の仕立てた船隊4隻を率いてテッセル島を出帆,喜望峰,マダガスカルを経て翌96年6月,ジャワ島のバンタンに到着した。同市に商館を開いたが,住民と紛争を起こして商取引に失敗,97年8月帰国した。途中,僚船1隻と乗組員249名のうち約3分の2を失う惨澹たる航海であったが,これによりオランダ東インド貿易の端緒が開かれた。【渋沢 元則】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハウトマンの言及

【オランダ領東インド】より

…すでに18世紀ごろから,オランダ東インド会社の公式文書にこの名称が用いられているが,名実ともにインドネシア全体を含むに至ったのは1915年以後とされる。 東インドに初めて到達したオランダ船は,1596年6月,ジャワ島西部のバンテン港に停泊したコルネリス・ド・ハウトマンの船隊である。やがて東インドに来航する船は激増し,各地の航海会社間の競争を解消するために,1602年にオランダ東インド会社が設立された。…

※「ハウトマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハウトマンの関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ芥子オランダ渡りダッチオランダ下りオランダの罠オランダの犯罪クアケルナック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハウトマンの関連情報