コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウプト広場 ハウプトヒロバ

デジタル大辞泉の解説

ハウプト‐ひろば【ハウプト広場】

Hauptplatz》オーストリア北部、オーバーエスターライヒ州の都市リンツの中心部にある広場。広場の中心には、18世紀にリンツが見舞われた三つの災難(ペスト大火、トルコ軍の侵攻)の終息を記念して建てられた、大理石製の三位一体記念碑がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハウプトひろば【ハウプト広場】

オーストリア北部、ドイツ、チェコと国境を接するオーバーエスターライヒ州の州都リンツ(Linz)旧市街中心にある石畳の広場。リンツは、ウィーンザルツブルクの間のドナウ川のほとりにある、作曲家アントン・ブルックナー(1824~1896年)ゆかりの町である。広場は同市の中央駅から市電で約10分の場所にあり、周囲には市庁舎ほか、バロック様式の建物が並んでいる。広場の中心には、大理石の三位一体記念碑(記念柱)がある。この記念柱は、18世紀の初め、リンツが見舞われた3つの災難(ペスト、大火、トルコ軍の侵攻)の終息を記念して建てられた。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ハウプト広場の関連キーワードランツベルク新大聖堂グラーツ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android