コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊牧国家 ゆうぼくこっか

3件 の用語解説(遊牧国家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊牧国家
ゆうぼくこっか

中央ユーラシアステップ地帯で,遊牧民族が建てた国家。スキタイ,匈奴,鮮卑,柔然,突厥,ウイグル,契丹,モンゴルなどの国家がこれに当たる。集合本能をもつヒツジ・ウマなどの動物を引きつれて,飼料となる草を求めながら季節的な移動生活を営む遊牧民が,騎馬と弓術を身につけて強力となり,周辺民族やオアシス都市に侵入し,国家を打ち建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうぼくこっか【遊牧国家】

遊牧民族が建てた国家。スキタイ,匈奴(きようど),鮮卑,柔然,エフタル,突厥(とつくつ),ウイグル,契丹,モンゴルその他ユーラシアのステップの遊牧民族が建てた遊牧国家が多く,歴史的にも重要である。中国ではこれを行国と称することがあったが,それはその王以下がすべて定住せず,季節的移動を行っていたことによる。ウイグル以来城郭都市を築いて首都とすることが生じたが,その場合でも王はそこに常居せず,日ごろはその周辺で季節的な移動を行っていたのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊牧国家
ゆうぼくこっか

遊牧民族が建てた国家。遊牧はきわめて粗放、無計画生産形態であるため、生産力の発展には一定の限度があった。したがって古い社会集団である氏族が長い間温存され、そのうえに形成される国家にも血縁的要素が付きまとった。すなわち遊牧国家では、血統的に近い氏族が集まって部族をつくり、部族が集合して国家を建て、そのうちもっとも有力な部族長が君主になるのが普通であった。このため遊牧国家の特徴は部族連合国家である点にあり、たとえば匈奴(きょうど)では、単于(ぜんう)を出す攣(れんてい)氏族、およびこれと通婚する特権をもつ呼衍(こえん)、須卜(すぼく)、蘭(らん)、丘林(きゅうりん)諸氏族が支配階層をなし、その下に丁令(ていれい)、鮮卑(せんぴ)、烏桓(うがん)、呼掲(こけい)などの諸部族が被支配階層として連合していた。また東突厥(ひがしとっけつ)は、ハガン(可汗)を出す阿史那(あしな)氏族およびこれと通婚する阿史徳(あしとく)氏族からなる「貴族たる氏族群」を中核とし、その周囲に鉄勒(てつろく)、キルギス、カルルク、柔然(じゅうぜん)、契丹(きったん)、靺鞨(まっかつ)など被支配部族を、「平民たる部族群」として従え集めた部族連合国家であった。そのほか、ウイグル国家が九姓ウイグルとよばれているのも、それが主要な9個の部族からなる連合体であったことを示している。
 以上のように、遊牧生産は発展性に乏しいため、北アジアの遊牧国家はかならずトルキスタンを支配下に収め、中国と西アジアまたはインドとを結ぶ交通路を抑えて、それを利用する隊商から各種の物資、商品を通行税として収奪した。隊商は遊牧国家によって交通の安全を保障され、遊牧国家はその代償として隊商から物資、商品を納めさせて経済的利益を得た。匈奴をはじめ突厥、ウイグルなどがトルキスタンの支配をめぐって中国の諸王朝と戦ったのも、またチンギス・ハンがホラズム(フワーリズム)・シャー朝に隊商を派遣したのも、東西交易路を掌握するためであった。そのほか遊牧国家は、北方の森林地帯の特産物である毛皮類を中国へ、中国の絹製品、農産物を北方へ中継貿易することによって利益を得た。遊牧国家の発展は、けっして単なる軍事行動ではなく、このような商業路の支配と市場の開拓とを目的とするものだったのである。北アジアの遊牧国家が東西文明の交流に大きな役割を果たしたのは、それらが重要な東西交通路を支配していたからである。[護 雅夫]
『護雅夫著『古代遊牧帝国』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遊牧国家の言及

【中央アジア】より

…さらにこの部族が,他の諸部族とも連合してより大きな政治的・社会的集団を形成した場合,これを部族連合体ないし国家と呼ぶ。すなわち遊牧国家とは,氏族・部族をその構成要素とするピラミッド状の政治的統一体であり,これがその外部に存在した他の部族ないし部族連合体をも併合したとき,その支配領域はきわめて広大なものとなる。このような〈遊牧帝国〉とも呼びうる強大な国家が,中央アジア史上に華々しい活動を見せた,匈奴突厥(とつくつ),ウイグル,モンゴル帝国等の諸国家である。…

【モンゴリア】より

…中国側の文献には彼らが巫覡(ふげき)を敬ったと記されている。シャーマンたちは遊牧民のあいだに大きな力を持ったが,単于や可汗など遊牧国家の君長は,また最高のシャーマンでもあった。その後モンゴリアにはさまざまな宗教が入ったが,ウイグル人にはマニ教が,契丹人のあいだには仏教が信仰された。…

※「遊牧国家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遊牧国家の関連キーワード烏丸契丹騎馬民族匈奴サルマートスキタイ祖国遊牧民族ジャックが建てた家スキタイ文化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊牧国家の関連情報