ハグマノキ

世界大百科事典 第2版の解説

ハグマノキ【smoke tree】

観賞用に栽培されるウルシ科の落葉低木または小高木で,高さ8mに達する。葉は互生し,卵形または倒卵形単葉で,長さ3~8cm。6~7月ごろ,小枝の先端に長さ15~20cmの円錐花序を出し,多数の帯紫色の小さい花をつける。花は雑性で径3mm,大部分は不稔性で落花後,花梗に長い開出した帯紫色または帯緑色の長毛をつけて,花序全体が煙のように見えるので,smoke treeの英名がついた。萼片,花弁,おしべはそれぞれ5個,子房は1室。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android