コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハサナル・ボルキア Bolkiah Mu'izzaddin Waddaulah, Haji Hassanal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサナル・ボルキア
Bolkiah Mu'izzaddin Waddaulah, Haji Hassanal

[生]1946.7.15. ブルネイタウン
ブルネイ国王(在位 1967~ )。第29代スルタン。サー・ハジ・オマール・アリ・サイフディン国王の長男。家庭教師による教育を受けたあと,マレーシアの名門ビクトリア・インスティテューションで中等教育を受け,イギリスの王立サンドハースト陸軍士官学校で学んだ。1961年皇太子となり,1967年父王の退位をうけてスルタンに即位し,1968年戴冠式が挙行された。その後 10年間は父が院政を敷いていたが,1979年に公務から完全に身を引いた。代わってブルネイ統治の実権を握り,首相,国防大臣,財務大臣を兼任する。イギリスからの独立を視野に入れ,独自の行政機関構築に着手し,イギリス人の公務員に代えてブルネイ人を登用,厳しく汚職を取り締まった。1984年,95年間にわたるイギリスの保護領から完全独立を果たした。独立後もイギリスと友好的な関係を結んだ。1980年代から 1990年代にかけて,ブルネイの豊富な石油・天然ガス資源を背景に,常に世界の富豪番付の上位に顔を出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハサナル・ボルキアの関連キーワードボルキア国王7月15日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android