コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハサミムシ類 ハサミムシるいDermaptera; earwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサミムシ類
ハサミムシるい
Dermaptera; earwig

ハサミムシ目に属する昆虫の総称。体は細長く扁平で,腹端に尾角の変化した尾鋏をもち,物をはさむことができる。触角は糸状。複眼は小さい。咀嚼型の口器をもつ。前翅は非常に短く片状で,革質化している。後翅はないものもあるが,あるものでは膜質で放射状の翅脈をもち,複雑にたたんで前翅の下に納めている。多くは夜行性で地上にすむが,植物上にすむものもある。雌は卵や幼虫を保護する習性がある。ハサミムシ Anisolabis maritimaは体長 25mm内外,無翅で,体は黒色で光沢があり,肢は黄褐色である。雄の尾鋏は太く,左右不相称で湾曲するが,雌では左右相称で直線状である。世界共通種で,日本でも平地や海浜のごみの下によくみられる。なお本類は広義の直翅類に含められることもある。 (→昆虫類 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハサミムシ類の関連キーワードAnisolabis maritimaヤドリバエ双尾類鋏虫目革翅類尾毛

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android