コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスキッソン

百科事典マイペディアの解説

ハスキッソン

英国の政治家。官界を経て1796年下院議員となる。トーリー党に所属。ナポレオン戦争の終結後はトーリー自由派のリーダーの一人として頭角を現し,1823年リバプール内閣の商相に就任して外相カニングと協力。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハスキッソン【William Huskisson】

1770‐1830
イギリスの政治家。1796年から政界に入り,トーリー党に属した。ナポレオン戦争終了後(1815),トーリー党の自由派(リベラル・トーリー)として頭角を現し,1823年,リバプール内閣の商相に就任,以後27年まで外相カニングと協力しつつ,関税の引下げ航海法の規制緩和等の政策を断行し,イギリスの対外政策を自由貿易主義へと決定的に転換させた。30年,リバプール~マンチェスター間に敷設された世界最初の旅客鉄道の開通式に出席して事故にあい,不運の死をとげた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハスキッソンの関連キーワードリバプール伯3月11日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android