ハスキッソン

百科事典マイペディア「ハスキッソン」の解説

ハスキッソン

英国の政治家。官界を経て1796年下院議員となる。トーリー党に所属。ナポレオン戦争の終結後はトーリー自由派のリーダーの一人として頭角を現し,1823年リバプール内閣の商相に就任して外相カニングと協力。関税縮小航海法規制緩和など英国の外交政策を自由貿易に転換させるのに貢献した。1830年リバプール〜マンチェスター間の世界最初の旅客鉄道の開通式で,汽車の速度を見誤って事故にあい,不慮をとげた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ハスキッソン」の解説

ハスキッソン【William Huskisson】

1770‐1830
イギリスの政治家。1796年から政界に入り,トーリー党に属した。ナポレオン戦争終了後(1815),トーリー党の自由派(リベラル・トーリー)として頭角を現し,1823年,リバプール内閣の商相に就任,以後27年まで外相カニングと協力しつつ,関税の引下げ,航海法の規制緩和等の政策を断行し,イギリスの対外政策を自由貿易主義へと決定的に転換させた。30年,リバプール~マンチェスター間に敷設された世界最初の旅客鉄道の開通式に出席して事故にあい,不運の死をとげた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android