コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスモンヨトウ Prodenia litura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハスモンヨトウ
Prodenia litura

鱗翅目ヤガ科。前翅長 15~17mm。前翅は淡褐色黒褐色斑紋があり,環状紋と腎状紋の間に白色帯がある。後翅は白色。本州以南の日本全土,台湾,アジアの熱帯に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハスモンヨトウ
はすもんよとう / 斜紋夜盗蛾
[学]Spodoptera litura

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張35ミリ内外。前翅は黒褐色、翅脈上は黄白色、中央近くの前縁から後角に向かって黄白色帯があり、翅頂から外横線にかけて帯状に淡紫色。後翅は白色であるが、外縁部は黒褐色。よく灯火に飛来する。幼虫は体長35ミリ内外のイモムシで、ダイズ、サトイモ、ネギなどの葉を食べる作物の害虫。本州の南西部から南に分布し、国外ではインドからオーストラリアに及び、太平洋の島々にも広く分布する。関東地方以北でとれることもある。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハスモンヨトウの関連キーワード井上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android