コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハゾル Hazor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハゾル
Hazor

ガリラヤ湖の北方約 16kmにあった古代パレスチナの都市。前 19世紀のエジプトのピラミッド・テキスト,前 17世紀のマリ文書,前 14世紀のアマルナ文書にも記されている。ヨシュアに率いられたイスラエル人はカナン侵入に際してこの町を陥落させた (前 13世紀) 。その後再建され,ソロモン王時代には城壁と城門が建てられた。しかし前 730年アッシリア王ティグラト=ピレゼル3世に破壊された。 1928年にジョン・ガースタングによって発見され,1955~58年にイガエル・ヤディンが発掘した。遺跡は二つの部分からなり,青銅器時代からヘレニズム時代までの各層を含む。青銅器時代には都市国家として栄え,厚い城壁に守られた。神殿遺跡は特に重要である。 2005年聖書のテル群として,メギドベールシェバとともに世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハゾルの関連キーワードクラーク数トラックレース芦ノ牧[温泉]運河地帯駅・駅家巨椋池塩原温泉郷庄内平野シンガポール海峡徳島平野

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android