ハチジョウナ(読み)はちじょうな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチジョウナ
はちじょうな / 八丈菜
[学]Sonchus brachyotus DC.

キク科の多年草。長い地下茎を横走する。茎は直立し、高さ約1メートル。茎葉は長楕円(ちょうだえん)形で鋸歯(きょし)があり、基部は耳状に茎を抱く。8~10月、径3~4センチメートルの鮮黄色の頭花をつける。原野や荒れ地に生え、日本全土(北日本に多い)、および朝鮮半島、千島、樺太(からふと)(サハリン)、シベリアに分布する。名は、原産地が八丈島であると誤認されたことによるという。
 この属には、在来種のノゲシのほか、帰化種のオニノゲシがある。[森田龍義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハチジョウナの言及

【ノゲシ】より

…また冠毛は朱肉の綿として用いられることがある。 ノゲシ属Sonchus(英名sow thistle)は世界に約45種あり,日本にはほかにオニノゲシS.asper (L.) HillとハチジョウナS.brachyotis DC.がある。オニノゲシはヨーロッパ原産の帰化植物で,近年,都市周辺の荒地に分布を拡大した。…

※「ハチジョウナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android