コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチ刺され はちさされ Bee Stings

1件 の用語解説(ハチ刺されの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はちさされ【ハチ刺され Bee Stings】

[どんな病気か]
 ハチの雌成虫の毒針は産卵管が変化したものですが、これに刺されて毒液が注入されると、すぐに激しく痛み、赤く腫(は)れます。ときに嘔吐(おうと)、けいれん呼吸困難じんま疹(しん)、血圧低下などのショック症状をおこします(「アウトドアでの動植物による被害と手当」)。
[治療]
 赤い腫れは、水で冷やした後、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン配合の軟膏(なんこう)を塗ります。一度に数か所を刺されたときや、ショック症状が出たときは、すぐに医師の手当を受けましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ハチ刺されの関連キーワードコクヌスト毒針何心地何なり不死身プリマドンナ病は気からチョーク病ハチの巣胃蟯虫症 (oxyuriasis)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハチ刺されの関連情報