毒針(読み)どくしん(英語表記)sting

翻訳|sting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒針
どくしん
sting

ジガバチなど,膜翅類の昆虫のうち有剣類に属している種類の雌の個体の腹部尾端にある管状突起。「どくばり」とも読む。腹部にある毒腺とつながっていて,毒液を他動物に注射する。なおクラゲ刺胞などをも,俗には毒ということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どく‐しん【毒針】

動物の、毒を出す針状の突起。特にハチやアリの尾端にあるもの。どくばり。

どく‐ばり【毒針】

毒の塗ってある針。また、虫などにある毒液を出す針。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしん【毒針】

動物体にある毒を出す針状の突起。特にある種のハチやアリの尾端にある刺針。産卵管の変化したもの。どくばり。

どくばり【毒針】

毒薬をぬった針。また、虫などがもつ、毒を出す針。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒針
どくしん

一般にはハチやアリなど膜翅(まくし)類昆虫の尾端にあり、毒液を敵動物に注入するための針状の器官をいう。産卵管の変形したもので、刺針の主体、導溝、針鞘(しんしょう)よりなる。腹部にある毒腺(せん)から分泌された毒液がこの針を経て射出される。ミツバチの毒針は普通の刺針と異なり、先端が鉤(かぎ)状で、刺すと抜けず、腹部からちぎれて刺した動物の体内に残る。なお、昆虫類のほかにサソリ類の尾端にも毒を出す鉤状の針があり、毒針とよばれる。[内堀雅行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の毒針の言及

【毒腺】より

…オニダルマオコゼ類やゴンズイでは背鰭棘(はいききよく)の基部の皮膚中にあり,棘を通じて毒が出される。ハチなど膜翅(まくし)目昆虫では腹部に毒腺があり,産卵管の変形した毒針stingに開口している。ハチ毒としては,神経毒のアパミンや溶血性ポリペプチドのメリチンのほか,ヒスタミン,ホスホリパーゼA2などがある。…

※「毒針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毒針の関連情報