ハッセ(Helmut Hasse)(読み)はっせ(英語表記)Helmut Hasse

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッセ(Helmut Hasse)
はっせ
Helmut Hasse
(1898―1979)

ドイツの数学者。カッセルの生まれ。ハレ大学、ゲッティンゲン大学、ベルリン大学などの教授を経て、1950年ハンブルク大学教授。代数学の研究で知られ、ネーターを中心とするドイツの学派で活躍し、とりわけ19世紀末以来、デーデキントやヒルベルトらによって創始された代数学の公理化の方向を、強力に推進した。類体論の整理や代数関数論、整数論の分野での業績が著しい。

[藤村 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android