コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッブル・ディープ・フィールド はっぶるでぃーぷふぃーるど Hubble Deep Field

1件 の用語解説(ハッブル・ディープ・フィールドの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ハッブル・ディープ・フィールド

1995年に行われたハッブル宇宙望遠鏡による最初の深宇宙探査。北天と南天に選んだ約5.3平方分角の天域を可視光帯で観測し、約28〜29等級の銀河の検出に成功。両天域でそれぞれ2000個以上の天体が見つかった。赤方偏移5以上の銀河の研究に道を開き、さらに銀河の形態や光度進化の研究に大きな貢献をした。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッブル・ディープ・フィールドの関連キーワードハッブル宇宙望遠鏡NGSTハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールドハーシェル宇宙天文台ニクスハッブル距離ハッブル時間ハッブル定数ペルディータマブ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone