コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハツバキ(葉椿) ハツバキDrypetes integerrima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハツバキ(葉椿)
ハツバキ
Drypetes integerrima

トウダイグサ科の常緑高木で,小笠原諸島に特産する。高さ3~5mで,幹は灰白色革質で厚い楕円形の葉を互生する。この葉の形質と白っぽい枝の様子がツバキに似ることからこの名がある。6~7月,枝先の葉腋から短い柄を出して花をつける。花は径2~3mmとごく小さく,4枚の淡黄色の萼片があるが,花弁はない。雌雄異株で,雄花には8本のおしべがある。果実はやや扁平な楕円形で長さ 2cmほど,表面に黄褐色の毛が密生する。熟すと黄色になり,中に大きな核に包まれた種子がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android