コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハツバキ(葉椿) ハツバキDrypetes integerrima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハツバキ(葉椿)
ハツバキ
Drypetes integerrima

トウダイグサ科の常緑高木で,小笠原諸島に特産する。高さ3~5mで,幹は灰白色革質で厚い楕円形の葉を互生する。この葉の形質と白っぽい枝の様子がツバキに似ることからこの名がある。6~7月,枝先の葉腋から短い柄を出して花をつける。花は径2~3mmとごく小さく,4枚の淡黄色の萼片があるが,花弁はない。雌雄異株で,雄花には8本のおしべがある。果実はやや扁平な楕円形で長さ 2cmほど,表面に黄褐色の毛が密生する。熟すと黄色になり,中に大きな核に包まれた種子がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android