コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドロン実験施設 ハドロンジッケンシセツ

1件 の用語解説(ハドロン実験施設の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハドロンじっけん‐しせつ【ハドロン実験施設】

陽子ビーム量子ビーム(中性子中間子など)などを利用した研究実験施設の一。原子核反応により生成された二次粒子(量子ビーム)を用いて素粒子物理学原子核物理学生命科学など基礎科学の研究・技術開発行われる原子核素粒子実験施設。
[補説]日本原子力研究開発機構JAEA)と高エネルギー加速器研究機構KEK)が共同運営する大強度陽子加速器施設J-PARC内に設置されたハドロン実験施設では、平成21年(2009)1月に目標値の300億電子ボルトまで加速した陽子ビームの入射に成功。同施設での実験を開始した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハドロン実験施設の関連キーワード電子ビームREB原子ビームJPARC中性子線中性子ビーム分子ビーム粒子ビーム中性粒子ビーム中性粒子ビーム兵器

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハドロン実験施設の関連情報