コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナシャコ Odontodactylus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナシャコ
Odontodactylus japonicus

軟甲綱口脚目ハナシャコ科。体長 15cm。頭胸甲,腹部とも背面はなめらかで,額棘を欠く。眼は球形。捕脚(第2胸脚)の指節基部がふくれ,内縁に 5~7個の側歯をもつ。雄は背面全体が紅褐色,雌は前半部紅褐色,後半部藍緑色。本州中部以南の浅海に生息し,インド洋西部まで分布する。やや小型のモンハナシャコ O. scyllarus とともに,シャコ類中最も美しい。(→甲殻類口脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナシャコ
はなしゃこ / 花蝦蛄
[学]Odontodactylus japonicus

節足動物門甲殻綱口脚(こうきゃく)目ハナシャコ科に属する海産動物。紀伊半島以南の浅海の岩礁にすみ、南シナ海、インド洋セイシェル諸島からも記録されている。体長15センチメートルほどの美しいシャコで、雄は一様に紅褐色、雌は前半が紅褐色、後半が緑青色、雌雄とも尾肢が赤紫色である。背面は頭胸甲と第1~5腹節が滑らかで、第6腹節と尾節には多数の隆起線がある。額は三角板状。目の角膜部は球形で大きい。捕脚は指節の基部がやや膨れ、内縁に5~7本の棘(とげ)状の歯が並んでいる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハナシャコの関連キーワードハナシャコ(花蝦蛄)花蝦蛄甲類