コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナワギク

1件 の用語解説(ハナワギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハナワギク

サンシキカミツレとも。モロッコ原産のキク科の秋まき一年草。花壇・切花用に栽培。草たけ30〜50cmで,葉は細かく羽状に裂ける。4〜6月,茎頂に径約5cmの頭花を単生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のハナワギクの言及

【マーガレット】より

…早春から初夏まで咲き,花色は白,原産地は北アフリカである。ハナワギクC.carinatum L.は一年草で,シュンギクによく似る。舌状花が紅褐色や黄と赤のものなどがあり,花弁の基部に輪状に斑(ふ)が入る。…

※「ハナワギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハナワギクの関連キーワードカミツレデージーモロッコ事件加密列モロッコ革木立カミツレシュンギク原産岩ツレ(能)エンシャーラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone