コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマサジ

2件 の用語解説(ハマサジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハマサジ

イソマツ科の二年草。本州(太平洋側)〜九州,東アジアの海岸の砂地にはえる。葉は根生してロゼット状となり,へら形で長さ8〜15cm,硬くて厚い。茎は高さ20〜50cm,よく分枝する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマサジ
はまさじ / 浜匙
[学]Limonium tetragonum (Thunb.) A. A. Bullock.

イソマツ科の越年草。葉は根元にロゼット状に広がり、質は厚く、長楕円(ちょうだえん)状へら形で基部はしだいに狭まる。花茎はロゼット状の葉の中心から数本直立し、高さ20~50センチメートル、著しく分枝する。9~11月、黄色花を開く。花冠は深く5裂し、萼(がく)は筒状で白色。塩沼地に群生し、三陸海岸以南の本州から九州に分布する。名は、海岸に生え、葉の形が匙(さじ)に似ることによる。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハマサジの言及

【イソマツ(磯松)】より

…また,観賞用に栽培する。 日本には同属の植物として,越年草で海岸の砂地に生えるハマサジL.tetragonum (Thunb.) Bull.がある。
【イソマツ科Plumbaginaceae】
 花が5数性,子房が1室である点などで,サクラソウ科との類縁が考えられている。…

※「ハマサジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマサジの関連キーワードシラウオスターチス本州磯松太平洋側気候浜匙磯松風磯丸