コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマトビムシ sand hopper; beach flea; beach hopper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマトビムシ
sand hopper; beach flea; beach hopper

軟甲綱端脚目ハマトビムシ科 Talitridaeに属する種類の総称。体長 1cm内外。体は左右に扁平。頭部のほか,それぞれほぼ同大の 7胸節,6腹節からなる。2対の触角のうち第1触角は短い。満潮線付近の砂中にすむ種が多く,海岸に打ち上げられた海藻などにつくバクテリア(→細菌類)を食べる。全国各地の海岸で普通に見られるのはヒメハマトビムシ Platorchestia platensis で,腹肢で地面を強く蹴って敏速に飛び跳ねる。熱帯・亜熱帯地域には内陸の湿った落ち葉の下などにすむ種も多く,また山岳地帯にすむ種もいる。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマトビムシ
はまとびむし / 浜跳虫
sand hopperbeach flea

節足動物門甲殻綱端脚(たんきゃく)目ハマトビムシ科Orchestidaeに属する動物の総称。森林中の湿地、池沼、海辺の砂中などにすむヒメハマトビムシOrchestia platensisや北海道沿岸に多いオオハマトビムシO. ochotensisがよく知られている。前種は体長1センチメートル前後で、数十センチメートルも跳びはねる。体は強く側扁(そくへん)され、頭部、7胸節、6腹節からなる。第1触角は著しく短く、第2触角の柄部末端に達しない。雄の第2顎脚(がっきゃく)は強大なはさみをもっている。オオハマトビムシは体長3センチメートルに達する。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハマトビムシの言及

【トビムシ(跳虫)】より

…これらは陸上に出ると跳躍して運動するので,一般にトビムシとも呼ばれる。また,陸生種を多く含むハマトビムシ科Talitridae(英名sand hopper,sand flea,beach flea)に属する種類も一般にトビムシと呼び,この名が和名につけられている。ハマトビムシOrchestia platensisは体長10mmくらい。…

※「ハマトビムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハマトビムシの関連キーワードトビムシ(跳虫)発光バクテリア発光生物ヨコエビ造雄腺触角腺浜跳虫

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android