ハムド・アッラーフ・カズウィーニー(英語表記)Ḥamd Allāh Qazwīnī

世界大百科事典 第2版の解説

ハムド・アッラーフ・カズウィーニー【Ḥamd Allāh Qazwīnī】

1281ころ‐?
イランの歴史家。イラン北部の都市カズウィーンの名家ムスタウフィー家の出身。1330年《選史》を著したが,この書は天地創造より作者の同時代に至るイランとイスラムの歴史で,古代の預言者と聖賢,古代ペルシアの帝王,イスラムの学者,詩人の伝記を含む。また36∥37年に著された《魂の喜び》は第1部が百科事典,第2部がイラン地誌である。【北川 誠一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android