コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムド・アッラーフ・カズウィーニー Ḥamd Allāh Qazwīnī

世界大百科事典 第2版の解説

ハムド・アッラーフ・カズウィーニー【Ḥamd Allāh Qazwīnī】

1281ころ‐?
イランの歴史家。イラン北部の都市カズウィーンの名家ムスタウフィー家の出身。1330年《選史》を著したが,この書は天地創造より作者の同時代に至るイランとイスラムの歴史で,古代の預言者と聖賢,古代ペルシアの帝王,イスラムの学者,詩人の伝記を含む。また36∥37年に著された《魂の喜び》は第1部が百科事典,第2部がイラン地誌である。【北川 誠一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハムド・アッラーフ・カズウィーニーの関連キーワード少弐資能ワレルマルチヌス4世郭守敬元寇鷹島(たかしま)沖海底遺跡元寇許衡元寇弘安の役

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android