コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビエラ リビエラRiviera

翻訳|Riviera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リビエラ
Riviera

イタリア北西部,ジェノバ湾沿岸,フランス国境からラスペツィア湾にいたる海岸をさし,広義にはフランス側海岸 (コートダジュール) をも含む。ジェノバを中心に西をリビエラディポネンテ (西海岸) ,東をリビエラディレバンテ (東海岸) と呼ぶ。温暖な地中海性気候亜熱帯性の植生,アルプマリティム (西海岸) ,リグリアアペニン山脈 (東海岸) の山々の景観などにより世界的に有名な海浜保養地。ボルディゲラ,サンレモ,インペリア,アルベンガ (西海岸) ,サンタマルゲリタ,ラパロ,セストリレバンテ (東海岸) など多くの観光都市がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リビエラ【Riviera】

イタリア北部,リグリア海に面する全長約300kmの海岸地方。普通名詞のrivieraは〈海岸〉の意。1年を通じて気候は温暖で,風光明美な避寒・避暑地として知られている。ジェノバを中心に,東・西リビエラに区分され,ラ・スペチアからジェノバまでの東リビエラRiviera di Levanteには,海に突出する断崖と小さな入江が交互に続いている。ラ・スペチアからレバントに広がるチンクエ・テレは人を容易に寄せつけないきびしい崖と荒々しい岩礁の多い地域である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リビエラ【Riviera】

イタリア北西部の地中海沿岸地方。世界的に知られた観光・保養地。モナコを挟んでフランスのコートダジュールに連なる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リビエラ
りびえら
Riviera

イタリア北西部、リグリア海に臨む海岸地帯。ラ・スペツィアから北西のフランスとの国境に至るまでの海岸をいい、フランス領の海岸地帯コート・ダジュールに連なる。マリッティメ・アルプス(海岸アルプス)山脈とリグリア・アペニン山脈が背後に迫り、温和な気候と海岸線の美しさで知られる。港湾・工業都市として名高いジェノバを境にして、東側をリビエラ・ディ・レバンテRiviera di Levante(東リビエラ)、西側をリビエラ・ディ・ポネンテRiviera di Ponente(西リビエラ)とよぶ。世界的に有名な保養・観光地帯で、ラパッロRapallo、サンタ・マルゲリータ・リグレSanta Margherita Ligure、アラッシオAlassio、インペリア、サン・レモベンティミーリアVentimigliaなどの町がある。なお、リビエラという名称をより広く、ニースカンヌを有するフランスのコート・ダジュールを含めて用いることもある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリビエラの言及

【リグリア[州]】より

…しかし山脈のつくる壁が北の風をさえぎるうえ,海洋の影響で冬は暖かく,夏も快適な気候で,地中海性の植物に富んでいる。絶好の風土条件と変化に富む美しい風景によって,ジェノバを中心に東西にのびるリビエラ海岸は,フランスのコート・ダジュールとならぶ世界的なリゾート,観光地となっている。 平地に乏しいため,しばしば山の斜面に階段状の畑がつくられているが,一般に農業はふるわない。…

※「リビエラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リビエラの関連情報