コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハメーンリンナ ハメーンリンナ Hämeenlinna

3件 の用語解説(ハメーンリンナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハメーンリンナ(Hämeenlinna)

フィンランド南部、湖水地方の都市。13世紀に建てられたハメ城やアウランコ自然公園がある。タンペレまで続く湖沼地帯の観光航路の拠点として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハメーンリンナ【Hämeenlinna】

フィンランド南東部の都市。人口4万2000(1981)。市名は〈ハメ地方の城〉の意で,1260年代に始められた築城とともに開け始め,1639年市になった。バナヤベシ湖に美しい姿を落とすその城の建築様式は,バルト地方の城と共通点をもち,他の北欧諸国にはその例を見ない。作曲家シベリウスが生まれた町で,現在その生家は博物館になっている。タンペレとの間に水上バスが通うなど,水上・陸上交通の要所でもある。【荻島 崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハメーンリンナ
はめーんりんな
Hmeenlinna

フィンランド南部、湖水地方の南西端に位置するハメ地方の行政中心都市。スウェーデン語名タバステヒュースTavastehus。人口4万6352(2001)。13世紀のハメ城を中心に発達し、1638年都市の特許状を得た。現在はヘルシンキとタンペレの二大都市のほぼ中間にあるために発展していない。城のほか、シベリウス記念館、美術館、古い木造民家などがあり、バナヤ湖からタンペレに通ずる観光ルートの基点となっている。繊維工業がある。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハメーンリンナの関連キーワードトゥルクフィン人フィンランディアフィンランド語ヘルシンキヨエンスーチェンナイ芬蘭オラビ城ナグプル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハメーンリンナの関連情報