コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラーレ ハラーレ Harare

2件 の用語解説(ハラーレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハラーレ(Harare)

アフリカ南部、ジンバブエ共和国の首都。旧称ソールズベリ。同国中北部の高原にあり、製造工業が発達。モザンビーク港湾都市ベイラと鉄道が通じる。人口、行政区144万(2002)。ハラレ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハラーレ
はらーれ
Harare

アフリカ南部、ジンバブエの首都。同国中北部の標高1500メートルの高原に位置し、同国の行政、産業、金融の中心地である。旧称ソールズベリーSalisbury。独立後の1982年に同市最大のアフリカ人居住区の名にちなんで現在名に改称した。人口118万4169(1992センサス)、168万6000(1999推計)。町は、1890年イギリス南アフリカ特許会社の派遣したパイオニアコラムが、当時のイギリス首相ソールズベリー卿(きょう)の名にちなんでソールズベリー要塞(ようさい)を建てたことに始まる。1899年隣国モザンビークのベイラ港との間に鉄道が開通し、1923年イギリス連邦内の自治植民地の首都となり、53~63年のローデシア・ニアサランド連邦の時代も連邦の首都であった。白人入植者の中心地であり、市の北部と南東部は白人専用の居住区で、アフリカ人居住区は南西部に集中している。カリバ水力発電所および同市の火力発電所からの電力とフンヤニ・ダムからの水の供給によって各種製造工業が発達している。1957年創設の総合大学をはじめ教育・文化機関も整っている。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハラーレの関連キーワードジンバブエ中央アフリカ共和国バンギボツワナルサカレソトマプート南アフリカ大ジンバブエ国立記念物マプングブエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone