コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルデス Hardes, Hendrik

2件 の用語解説(ハルデスの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハルデス Hardes, Hendrik

1815-1871 オランダの機械技術者。
1815年1月10日生まれ。海軍にはいり,機関将校となる。安政4年(1857)幕府の招きで長崎につく。飽(あく)ノ浦(長崎市)で日本最初の洋式工場である長崎製鉄所(のちの長崎造船所)の建設を指導。また幕府の海軍伝習所蒸気機関学をおしえ,実習をおこなった。文久元年(1861)製鉄所完成とともに帰国。1871年4月10日死去。56歳。アムステルダム出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ハルデス

没年:1871.4.10(1871.4.10)
生年:1815.1.10
幕末,長崎製鉄所の建設を指導したオランダ人。アムステルダムに生まれ,19歳で海軍に入り1等鍜冶工となる。1856年3月オランダ政府が依頼を受けていた長崎製鉄所建設について,その要員としての参加を申し出て,安政4(1857)年8月5日長崎に着く。飽の浦の地に建設用地を選定し,その内容を修理工場とすることに定めて工事を進め,幾多の困難を克服し,文久1(1861)年3月完成。同月29日帰国。これがわが国近代洋式造船工業第一歩となった。没後1等機関将校を追贈された。<参考文献>楠本寿一『長崎製鉄所』

(越中哲也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルデスの関連キーワードオランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷八幡製鉄所オランダ坂オランダ渡りオランダ下り神戸製鉄所の高炉ウェルニー西田健太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone