コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルハ語 ハルハごKhalkha language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルハ語
ハルハご
Khalkha language

モンゴル語の一つ。モンゴル国の首都ウラーンバートルを中心に同国のほぼ全域 (話し手約 200万人) ,および中国の内モンゴル自治区 (話し手約 300万人) にも行われており,モンゴル語のうち最も有力なもの。事実上のモンゴル共通語となりつつある。モンゴル語という名称は,モンゴル語全体をさしたり,ハルハ語とそれに似ている内モンゴル諸語 (チャハル語,オルドス語,ハラチン語,ウラット語) をまとめてさしたりするのに用いられるが,またハルハ語だけをさすことも多い。文字はウイグル文字に起源をもつモンゴル文字で,上から下に,左の行から右の行に書いたが,モンゴル国においては 1941~44年にロシア文字に切替えられた。それに伴い,モンゴル文語からハルハ語に基づく新しい文字言語へと移行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハルハご【ハルハ語 Khalkha】

モンゴル語を代表する言語の一つ。モンゴル国の公用語で,同国全域で通行するほか,内モンゴルの全域,また,カルムイク共和国,ブリヤート共和国のモンゴル人にも理解されるので,ハルハ語(あるいはハルハ方言)は,いわば,モンゴル族の共通語的な役割を果たしているということができる。使用人口は150万人を超えると考えられる。西部方言,中央方言,東部方言の三つの方言に分かれ,その下に,いくつかの下位方言も見られるが,総じて方言的差異はそれほど顕著なものではなく,中央方言に属するウランバートル(モンゴル国の首都)の言語を,ハルハ語の標準的言語と見なすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハルハ語の言及

【ブリヤート語】より

モンゴル諸語の中で,北部方言に属し,その使用人口は30万人以上にのぼると推定される。ブリヤート語は,ハルハ語のtsに対してsが,tʃに対してʃが,さらにsに対してhが現れるなどの音韻的特徴をもつ言語である。例,ハルハ語tsagaan〈白い〉:ブリヤート語sagaan,ハルハ語tʃada‐〈できる〉:ブリヤート語ʃada‐,ハルハ語usa(n)〈水〉:ブリヤート語uhan。…

【モンゴル諸語】より

… 東部方言を代表するものとして,モンゴル国で通用するハルハ・モンゴル語(ハルハ方言。しばしばハルハ語とも)と内モンゴル自治区で話されるチャハル・モンゴル語(チャハル方言)をあげることができ,また,西部方言の代表として,ロシア連邦のカルムイク共和国のカルムイク・モンゴル語(カルムイク方言。しばしばカルムイク語とも)をあげることができる。…

※「ハルハ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハルハ語の関連キーワードモングオル語オイラート語ブリヤート語バルガ語

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android