ハルマヘラ[島](読み)ハルマヘラ

百科事典マイペディアの解説

ハルマヘラ[島]【ハルマヘラ】

ジャイロロ島とも。インドネシア東部,モルッカ諸島中の最大島。K字形の複雑な地形を呈し,火山が多い。住民はアルフル人を主とし,伝統的には野生のサゴヤシのデンプンを主食とし,海岸の杭上(こうじょう)住居で暮らしてきた。漁業にも従う。古くから香料貿易で栄えた西方のテルナテ島の支配を受けてきたが,1683年オランダ領とされた。1万8000km2。約12万人。
→関連項目モルッカ[諸島]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハルマヘラ[島]【Pulau Halmahera】

インドネシア東部,モルッカ諸島中の最大の島。別名ジャイロロJailolo島。面積1万8000km2,人口約12万。スラウェシ島に類似するK字状の島で,環太平洋造山帯の激しい運動を被った地塊状山地の集合体である。南,北,および東方に突出する四つの半島からなり,その間にカウ,ブリ,ウェダの三大湾を抱く。最高点は北半島のガムコノラ山(標高1635m)。香料貿易を主として古くから開けた西岸の小島テルナテ王国の支配を受けてきたが,1683年にオランダ領とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android