コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルラ(漢拏)山 ハルラさんHalla-san

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルラ(漢拏)山
ハルラさん
Halla-san

大韓民国(韓国)南部,チェジュ(済州)島の中央にそびえる山。標高 1951mで,朝鮮半島の南半では最高の火山である。新第三紀鮮新世に海底から粗面岩が噴出して溶岩円頂丘鐘状火山)を形成し,第四紀更新世玄武岩が噴出して楯状火山に変貌した。多数の寄生火山をもつ。西側の粗面層は風食が激しく,オベクチャングン(五百将軍)と呼ばれる奇岩地帯になっている。玄武岩は島の標高 1750m以下のほとんど全地域を覆って,平均傾斜 10°以下(海岸付近 2~3°)の緩斜面をなしている。山頂に火口湖ペンノク(白鹿)潭がある。2007年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハルラ(漢拏)山の関連キーワード済州火山島と溶岩洞窟群チェジュ(済州)島ソギポ(西帰浦)市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android