ハンス フライアー(英語表記)Hans Freyer

20世紀西洋人名事典の解説


1887.7.13 - 1969.1.18
ドイツの社会学者。
元・ライプチヒ大学教授,ミュンスター大学名誉教授。
ライプチヒ生まれ。
ライプチヒ大学で学び、1920〜22年同大学哲学講師。’22年キール大学社会学教授。’25〜48年ライプチヒ大学社会学教授。’38〜40年ブダペスト大学客員教授。’53年ミュンスター大学名誉教授となる。エートス科学の立場から、現実科学としての社会学の樹立を試み、実践科学への強い志向性を示す。基本的立場は、社会形象を歴史的な生ける現実と見るところにあり、著書「現実科学としての社会学」(’30年)は高い評価を受けたが、国家・民族の特殊性の擁護にもつながり、ナチス・ドイツを積極的に支持することになる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android