コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンドヘルドコンピュータ handheld computer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンドヘルドコンピュータ
handheld computer

手で持ち運べる小型のコンピュータの意。今日ではほとんど使われない。現在のノート型コンピュータ (ノートパソコン) につながるが,1980年代初期には小型化を優先したため,機能的に十分でない,表示画面が小さすぎる,などの理由からさして普及しなかった。 1986年頃,同程度の大きさでこれらの欠点を克服した製品が発売され,それまでのデスクトップコンピュータに対応してラップトップコンピュータ (ラップトップパソコン) の名称で出されたが,まだ自由に持ち歩けるほどの大きさではなかった。 1990年代になってようやく小型でもデスクトップと比肩できる性能,液晶を使った大画面などが実現され,さらにノートパソコンという名称になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンドヘルドコンピュータ
はんどへるどこんぴゅーた
handheld computer

電卓よりは大きく、デスクトップ型のコンピュータよりは小さいパーソナルコンピュータをさす。このタイプのコンピュータが広く普及するにつれて、現在ではA4判程度の大きさの液晶表示装置を備えたものをラップトップ型あるいはノート型パソコンとよぶ。これよりさらに小型のものはサブノート型などとよぶが、それより小さいPDA(携帯情報端末)をさす場合が多い。表示画面の大きさや電源の容量に制約があることのほかは、機能的には他のコンピュータとほとんどかわらなくなっている。[大野義夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android