コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハージュー ハージューKhwājū, Kamāl al-Dīn Maḥmūd

2件 の用語解説(ハージューの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハージュー
ハージュー
Khwājū, Kamāl al-Dīn Maḥmūd

[生]1281. ケルマーン
[没]1352
ペルシアの詩人。各地の地方王朝を遍歴し,最後にシーラーズアブー・イスハーク王に仕えた。作品には頌詩,抒情詩を主体とする『ハージュー詩集』 Dīwān-e Khwājūがある。抒情詩のほうが高く評価され,サーディーハーフィズの中間に位置する抒情詩人と評される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハージュー
はーじゅー
Khwj-e Kermn
(1281―1352)

ペルシアの詩人。ケルマーンに生まれ、イラン南部の地方君主に仕え、シーラーズで没した。叙情詩人として評価され、神秘主義的色彩が強い。代表作に頌詩(しょうし)、叙情詩を主体とする『ハージュー詩集』と「叙事詩五部作」があり、五部作のうち約3200句の『フマーイとフマーユーン』(1332)と約2500句の『薔薇(ばら)と新春』(1341)はともにロマンス詩として名高い。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハージューの関連キーワード正平文和少弐資能ワレル元寇後光厳天皇巨勢行忠近衛経忠四条隆資細川頼春

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone