コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバート・オブ・チャーベリー ハーバート・オブ・チャーベリーHerbert of Cherbury, Edward Herbert, 1st Baron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーバート・オブ・チャーベリー
Herbert of Cherbury, Edward Herbert, 1st Baron

[生]1582.3.3. シュロップシャー
[没]1648.8.5. ロンドン
イギリスの哲学者,軍人,外交官,詩人,歴史家。 G.ハーバートの兄。イギリスの理神論の始祖とされる。オックスフォード大学卒業後政界に入り,おもに外交官として活躍するかたわら文筆活動に励んだ。主著『真理について』 De veritate (1624) はイギリス国内に賛否両論を巻起し,聖職者側からは大きな攻撃を受けたが,その「共通観念」の考えはスコットランドの常識哲学に,また理神論はデカルト,P.ガッサンディに影響を与えた。ほかに"De causis errorum" (45) ,"The Life and Reign of King Henry the Eighth" (49) ,"De religione gentilium" (63) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハーバート・オブ・チャーベリーの関連キーワード安土桃山時代(年表)明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻武田信勝武田信廉土岐頼芸明智光秀

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android