コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常識哲学 じょうしきてつがく philosophy of common sense

4件 の用語解説(常識哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常識哲学
じょうしきてつがく
philosophy of common sense

T.リードに代表されるイギリススコットランド学派の哲学のことをいい,18世紀末から 19世紀にかけてスコットランドで一大勢力をなした。リードは D.ヒュームの懐疑論,G.バークリー主観的観念論に反対して,形而上学,数学,論理学,倫理学,美学におけるある種の真理を,幾何学の公理のように証明できないが,しかし自明の真理であるとして,これを常識の原理と名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうしき‐てつがく〔ジヤウシキ‐〕【常識哲学】

18世紀、スコットランドに興ったイギリス啓蒙(けいもう)哲学の一派。バークリー主観的観念論ヒューム懐疑論に反対し、数学・論理学の公理、因果法則、外界の実在、自我の存在、善悪の区別などを人間の本性上自明な根本原理とし、これを常識の原理と名づけてあらゆる道理の基礎とした。T=リードおよびその学派(常識学派)に始まる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうしきてつがく【常識哲学】

人間に広く共通する自明な意識としての常識(共通感覚)を根本の原理として、存在・認識・倫理などを考える哲学説。バークリーの主観的観念論やヒュームの懐疑論を厳しく批判したリードおよびその学派(常識学派)に始まる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常識哲学
じょうしきてつがく

T・リード、J・ビーティ、D・スチュアート、J・O・オズワルドらを代表とし、スコットランドに現れた18世紀イギリス哲学の一傾向。スコットランド常識学派ともいわれ、外界存在や因果律の確実性に対するヒュームの懐疑的帰結を批判した。ヒュームやその先駆、ロック、バークリーの論法は正しいが、彼らがデカルトから継承した、知識の対象と要素を心的で単純な観念とする基本前提は誤りで、実在や因果律などの知識の確実性は、人々の「常識の原理」により保証されると彼らは主張する。
 その説は、一方ではヒュームに極まったイギリス古典経験論の否定的結末に対して、伝統的道徳や宗教の弁護を目的とし、当時の聖職者の護教の拠点ともなった。この保守性に加えて、常識の原理などを中心とする彼らの積極的主張にはあいまいで古拙(こせつ)な点がある。だが他方でそれは、イギリス古典経験論の独断的前提への適切な批判を含み、現代での一段と洗練された常識擁護の先駆としての意義をもつ。[杖下隆英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常識哲学の関連キーワードスコッチウイスキースコットランドヤードイギリス国教会スコッチツイードエコセーズホリールード宮殿エディンバラミリタリータトゥービアデッド・コリーウォルター-スコットの家スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone