コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーベマン ハーベマン Havemann, Robert

2件 の用語解説(ハーベマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーベマン
ハーベマン
Havemann, Robert

[生]1910.3.11. ミュンヘン
[没]1982.4.9. グルーネハイデ
東ドイツの化学者。 1932年共産党加入。反ナチス運動のため 43年に逮捕され,死刑を宣告された。 45年収容所から救出され,西ベルリンカイザーウィルヘルム協会化学研究所所長に就任したが,48年アメリカ核兵器政策に反対して解任され,東ベルリンフンボルト大学教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーベマン
はーべまん
Robert Havemann
(1910―1982)

ドイツの物理化学者。ミュンヘン生まれ。1932年共産党へ入党し、第二次世界大戦中の1943年、反ナチ抵抗運動の指導者として死刑の判決を受け、大戦終了とともにブランデンブルク刑務所から救出された。1946~1964年東ベルリンのフンボルト大学教授を務め、この間東ドイツ人民議会議員にも選出された(1950~1963)。1959年東ドイツの国家功労賞を受けたが、党および東ドイツの政治体制に対する批判的な言説のため、1964年党およびフンボルト大学教授職から、また1966年東ドイツ科学アカデミーから追放された。しかしその後も「社会主義的民主主義」の道を求める積極的な発言を続けた。『明日――岐路に立つ産業社会――批判と現実のユートピア』Morgen, Die Industriegesellschaft am Scheideweg, Kritik und reale Utopie(1980)は彼の遺著である。論稿として、ほかに「ドグマなき弁証法」Dialektik ohne Dogma(1964)および自伝『質問、回答、質問』Fragen, Antworten, Fragen(1970)がある。[深谷満雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーベマンの関連キーワードニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーベマンの関連情報