岐路(読み)キロ

デジタル大辞泉の解説

き‐ろ【岐路】

道が分かれる所。分かれ道。
将来が決まるような重大な場面。「人生の岐路に立つ」
本筋ではなく、わきにそれた道。
「余が頗(すこぶ)る学問の―に走るを知りて」〈鴎外舞姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きろ【岐路】

道のわかれ目、転じて運命などの分かれる点。わかれ道。 「人生の-に立つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ろ【岐路】

〘名〙
① 幾筋にも分かれたみち。また、道が分かれる所。分かれ道。
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈藤原房前〉「衿易。琴樽促膝難」 〔列子‐説符〕
② (比喩的に) 物事の本筋ではない、枝葉の道。わきにそれた道。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「三乗十二分教は条条の岐路なり」
③ (比喩的に) どういう道を選ぶべきかを決めなければならない時点。重大な分かれ道。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉共同戦線「破産か和議か、没落か更生か、東邦モスは長い間その岐路(キロ)に迷って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岐路の関連情報