岐路(読み)きろ

精選版 日本国語大辞典「岐路」の解説

き‐ろ【岐路】

〘名〙
① 幾筋にも分かれたみち。また、道が分かれる所。分かれ道。
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈藤原房前〉「衿易。琴樽促膝難」 〔列子‐説符〕
② (比喩的に) 物事の本筋ではない、枝葉の道。わきにそれた道。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「三乗十二分教は条条の岐路なり」
③ (比喩的に) どういう道を選ぶべきかを決めなければならない時点。重大な分かれ道。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉共同戦線「破産か和議か、没落か更生か、東邦モスは長い間その岐路(キロ)に迷って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「岐路」の解説

き‐ろ【岐路】

道が分かれる所。分かれ道。
将来が決まるような重大な場面。「人生の岐路に立つ」
本筋ではなく、わきにそれた道。
が頗(すこぶ)る学問の―に走るを知りて」〈鴎外舞姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android