岐路(読み)キロ

デジタル大辞泉の解説

き‐ろ【岐路】

道が分かれる所。分かれ道。
将来が決まるような重大な場面。「人生の岐路に立つ」
本筋ではなく、わきにそれた道。
「余が頗(すこぶ)る学問の―に走るを知りて」〈鴎外舞姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きろ【岐路】

道のわかれ目、転じて運命などの分かれる点。わかれ道。 「人生の-に立つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岐路の関連情報