コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイエ バイエ Baillet, Adrien

3件 の用語解説(バイエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイエ
バイエ
Baillet, Adrien

[生]1649
[没]1706
フランスの司祭。『デカルト伝』 La Vie de M. Descartes (1691) の著者として有名。ほかに『諸聖人伝』 Les Vies des saints (95~1701) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バイエ
バイエ
Bayer, Raymond

[生]1898.9.2. パリ
[没]1959.7.15. パリ
フランスの美学者,哲学者。 1937~42年カン大学,以後ソルボンヌ大学教授。 48年にラロ,E.スーリオとともに『美学雑誌』 Révue d'esthétiqueを創刊。芸術美の本質や美学方法論の解明のために,レアリスム・オペラトワール réalisme opératoireという概念を中心に客観主義的美学を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイエ
ばいえ
Raymond Bayer
(1898―1959)

フランスの美学者、哲学者。パリに生まれる。パリ大学でV・バッシュに学んで美学を志し、1942年から死ぬまでの間、パリ大学教授を務めた。美学における客観性を追求するその学風は、学位論文『優美の美学』L'Esthtique de la grce(1934)においてすでに開花し、動物の走る姿を高速写真で分解するような方法を試みた。とくに芸術作品を対象とする場合には、美が作者の手仕事の結果でしかありえないということを強調し、この事実と、この事実に即して作品の内部の精神的現実に接近する方法とをさして、「制作のレアリスム」とよんだ。ほかに『美学概論』Trait d'esthtique(1956)、『美学史』Histoire d'esthtique(1961)などがある。[佐々木健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイエの関連キーワード階乗N没・歿勃・歿・没三角数パリのジャンヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイエの関連情報