コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイシクルトライアル bicycle trial; BTR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイシクルトライアル
bicycle trial; BTR

オートバイのトライアルを参考に,1975年頃スペインで誕生した自転車競技。 1984年,国際自転車競技連合主催の世界選手権大会が行なわれた。体と自転車のバランスをとりながら,さまざまな障害物を越える操縦テクニックが求められる。人工的あるいは自然のコースに設定された区間 (セクション) を通過しながら,所要時間内の完走を競う。競技は減点方式で,片足を1回着くと減点1,落車,転倒,タイムオーバーなどは減点5。マウンテンバイクを基に設計された専用自転車を使用する。日本へは 1983年に紹介された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイシクル‐トライアル(bicycle trial)

専用の自転車で決められた時間内に、自然の、また、人工的につくられたさまざまな条件のある箇所を走り抜く自転車競技。減点方式で、操縦技術を競う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バイシクルトライアルの関連キーワードオートバイバイク

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android