コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインマシューズ仮説 バインマシューズカセツ

1件 の用語解説(バインマシューズ仮説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バインマシューズ‐かせつ【バインマシューズ仮説】

大洋底の中央海嶺に平行する縞状の磁気異常は、数万年ごとに起こる地磁気の反転海洋底拡大説組み合わせることで説明できるという仮説。1963年、英国のバインマシューズが提唱。マントル対流によって上昇する高温物質が中央海嶺の中軸において冷却され、順次新しい海底となって両側に広がっていく際、冷却時の地磁気の方向をあたかも磁気テープのように熱残留磁気として保存することで縞状の磁気異常が生じるとした。バインマシューズ理論。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バインマシューズ仮説の関連キーワード海盆海洋底拡大説磁気異常中央海嶺海洋底大洋中央海嶺中央海嶺花崗岩正常中央海嶺玄武岩富化中央海嶺玄武岩縞状磁気異常

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone