コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインマシューズ仮説 バインマシューズカセツ

デジタル大辞泉の解説

バインマシューズ‐かせつ【バインマシューズ仮説】

大洋底の中央海嶺に平行する縞状の磁気異常は、数万年ごとに起こる地磁気の反転海洋底拡大説を組み合わせることで説明できるという仮説。1963年、英国のバインとマシューズが提唱。マントル対流によって上昇する高温物質が中央海嶺の中軸において冷却され、順次新しい海底となって両側に広がっていく際、冷却時の地磁気の方向をあたかも磁気テープのように熱残留磁気として保存することで縞状の磁気異常が生じるとした。バインマシューズ理論。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android