コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バキュリデス バキュリデスBacchylides

1件 の用語解説(バキュリデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バキュリデス
Bacchylides

[生]前510頃.ケネス島
[没]前450頃
ギリシアの抒情詩人。叔父シモニデスの跡を継いでギリシア各地の貴族の宮廷に雇われ,あらゆる種類の合唱隊歌を作った。前 476年頃叔父とシチリアに渡り,シラクサヒエロン1世の宮廷でピンダロスと腕を競った。のち追放されて,ペロポネソスに住んだらしい。作品は 1896年にパピルスのなかから発見されたエピニキオン (競技祝勝歌) 14編とディチュランボス 5編,および断片が現存。ディチュランボスはほかの詩人のものがすべて失われたため,特に貴重である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バキュリデスの関連キーワードダットサンブルーバードP510型デフレ脱却送り出し機関関空2期工事大潟村海上の森レターパック目黒インテリアストリート韓国情報通信網法奄美ドクターヘリ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone