コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バキュリデス Bacchylides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バキュリデス
Bacchylides

[生]前510頃.ケネス島
[没]前450頃
ギリシアの抒情詩人。叔父シモニデスの跡を継いでギリシア各地の貴族の宮廷に雇われ,あらゆる種類の合唱隊歌を作った。前 476年頃叔父とシチリアに渡り,シラクサヒエロン1世の宮廷でピンダロスと腕を競った。のち追放されて,ペロポネソスに住んだらしい。作品は 1896年にパピルスのなかから発見されたエピニキオン (競技祝勝歌) 14編とディチュランボス 5編,および断片が現存。ディチュランボスはほかの詩人のものがすべて失われたため,特に貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バキュリデスの関連キーワードギリシア詞華集ギリシア文学抒情詩メロス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android