バキュリデス(英語表記)Bacchylides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バキュリデス
Bacchylides

[生]前510頃.ケネス島
[没]前450頃
ギリシアの抒情詩人。叔父シモニデスの跡を継いでギリシア各地の貴族の宮廷に雇われ,あらゆる種類の合唱隊歌を作った。前 476年頃叔父とシチリアに渡り,シラクサヒエロン1世の宮廷でピンダロスと腕を競った。のち追放されて,ペロポネソスに住んだらしい。作品は 1896年にパピルスのなかから発見されたエピニキオン (競技祝勝歌) 14編とディチュランボス 5編,および断片が現存。ディチュランボスはほかの詩人のものがすべて失われたため,特に貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android