コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシクルモン Trachomitum venetum (L.) Woodson var.basikurumon Hara(=Apocynum venetum L.var.basikurumon (Hara) Hara)

2件 の用語解説(バシクルモンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バシクルモン【Trachomitum venetum (L.) Woodson var.basikurumon Hara(=Apocynum venetum L.var.basikurumon (Hara) Hara)】

キョウチクトウ科の多年草北海道南西部,本州北部の日本海に面した海岸の岩場に見られる。和名はこの植物のアイヌ名からとる。北海道の小樽に近い忍路(おしよろ)海岸の周辺にあるので,オショロソウの別名がある。高さ40~80cmに達し,全株粉白色をおびる。葉は主茎では互生であるが,枝では対生して,長楕円状卵形または楕円形,先端は円形または鈍形,基部は広いくさび形で短柄がある。長さ2~5cm,ふちには硬突起を疎生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシクルモン
ばしくるもん
[学]Trachomitum venetum (L.) Woodson var. basikurumon Hara

キョウチクトウ科の多年草。茎は直立して多くの枝を出し、高さ40~80センチメートル。葉は多くは対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~5センチメートル、幅0.7~1.5センチメートル。夏、枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、小さな淡紅色花を開く。花冠は筒状で先端は5裂し、花筒内に5本の雄しべと5個の小突起がある。果実は細長い袋果(たいか)で、長さ1.5~2.5センチメートル。海岸の岩壁に生え、新潟、青森県、北海道南西部に分布する。名は、アイヌ語で「カラスの草」の意味といわれる。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone