コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシクルモン Trachomitum venetum (L.) Woodson var.basikurumon Hara(=Apocynum venetum L.var.basikurumon (Hara) Hara)

2件 の用語解説(バシクルモンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バシクルモン【Trachomitum venetum (L.) Woodson var.basikurumon Hara(=Apocynum venetum L.var.basikurumon (Hara) Hara)】

キョウチクトウ科の多年草北海道南西部,本州北部の日本海に面した海岸の岩場に見られる。和名はこの植物のアイヌ名からとる。北海道の小樽に近い忍路(おしよろ)海岸の周辺にあるので,オショロソウの別名がある。高さ40~80cmに達し,全株粉白色をおびる。葉は主茎では互生であるが,枝では対生して,長楕円状卵形または楕円形,先端は円形または鈍形,基部は広いくさび形で短柄がある。長さ2~5cm,ふちには硬突起を疎生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシクルモン
ばしくるもん
[学]Trachomitum venetum (L.) Woodson var. basikurumon Hara

キョウチクトウ科の多年草。茎は直立して多くの枝を出し、高さ40~80センチメートル。葉は多くは対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~5センチメートル、幅0.7~1.5センチメートル。夏、枝先に円錐(えんすい)花序をつくり、小さな淡紅色花を開く。花冠は筒状で先端は5裂し、花筒内に5本の雄しべと5個の小突起がある。果実は細長い袋果(たいか)で、長さ1.5~2.5センチメートル。海岸の岩壁に生え、新潟、青森県、北海道南西部に分布する。名は、アイヌ語で「カラスの草」の意味といわれる。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バシクルモンの関連キーワード尾花岬夾竹桃草夾竹桃谷桔梗丁子草蔓日日草雛桔梗蔓桔梗ビンカハチク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone