コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシル Bashir, Omar Hassan Ahmad al-

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシル
Bashir, Omar Hassan Ahmad al-

[生]1944.1.7. ホシュワドゥバンナガ
スーダンの軍人,政治家。大統領(在任 1993~ )。農家に生まれ,ハルツームで中等教育を受けたのち,スーダン国軍に入隊した。エジプトのカイロの士官学校に学び,帰国後は国軍内でたちどころに昇進し,1980年代半ばに南部の反政府勢力スーダン人民解放軍 SPLAに対する国軍の作戦を先導した。1989年にクーデターを起こして民選政権を倒し,国の統治機関となる救国革命指導評議会の議長に就任。議会を解散し,政党活動を禁止したほか,報道を厳しく制限した。1993年10月に大統領に就任し,その後も軍事政権を継続した。1996年に国民議会の選挙により再任。2003年8月,スーダン西部のダルフル地方で非アラブ系黒人勢力がバシル政権に対して反乱を起こすと,バシルは反乱を鎮圧するためアラブ系民兵組織,通称ジャンジャウィードの力を借りた。ジャンジャウィードは残虐な手段を用いて地域の人々を恐怖にさらし,現地で枯渇する食糧や医療品の国際救援活動機関による補給を妨げ,200万人以上が家を追われた。ダルフル紛争が激化するなか,国際社会はバシルを厳しく非難,2008年7月に国際刑事裁判所 ICCの主任検察官がバシルに対する逮捕状を請求した。容疑はダルフル地方における人道に対する犯罪,戦争犯罪,集団殺害(ジェノサイド)だった。スーダン政府は容疑を否定しバシルの無実を主張したが,2009年3月,ICCは逮捕状を発行,現職の国家元首に対する初の事例となった。容疑は戦争犯罪と人道に対する犯罪にかぎられた。2010年4月の大統領選挙でバシルは再選された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バシルの関連キーワードオマール・ハッサン・アハメド・アル バシル民族イスラム戦線[スーダン]国際刑事裁判所(ICC)ルイス モレノオカンポバクテリアリーチングエオバクテリウムダルフール紛争スーダン内戦迸る・逬るブルガリアベギアトア新顔野菜カルロボ伝統野菜メボウキロベチ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バシルの関連情報