コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシール[2世] Bashīr II

1件 の用語解説(バシール[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バシール[2世]【Bashīr II】

1767‐1851
レバノン山間部のドルーズ派名望家シハーブShihāb家から出た政治指導者。1788年に,レバノンの名望家たちからアミールに選ばれ,軍事・政略にすぐれたうえに財政にも明るく,その政治的手腕をもって,今日の〈大レバノン〉の基礎を築いた。オスマントルコ政府と結んでナポレオン軍の侵略をかわし,エジプトムハンマド・アリーシリア侵入の際もレバノンの政治的独立を維持した。ドルーズ派イスラムからキリスト教マロン派に改宗してキリスト教徒との融和をすすめ,マロン派をレバノンの国民的宗教とするのに功績があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバシール[2世]の言及

【レバノン】より

…山間部の名望家(アーヤーン)の間で政治的統合をめぐる抗争がひろがり,その対立も北部のマロン派キリスト教名望家と南部のドルーズ派イスラムの名望家との二極化への傾向を,それぞれ内部に緊張をはらみながらも,示すようになった。 やがて指導力を握ったドルーズ派の名望家シハーブShihāb家のバシール2世がマロン派キリスト教に改宗することで,ひとつの決着がもたらされた。その背後には,大きな社会的・経済的な変化と軍事技術の変化への対応が名望家の間で競われるという事態があった。…

※「バシール[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バシール[2世]の関連キーワードカメルーン山マロン派レバノンドルーズ派レバノン杉有事のドル買い(売り)レバノンとヒズボラレバノン情勢レバノン紛争武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone